家づくりへの想い

冨岡瑛美 の記事一覧

担当業務House Designer

家での暮らし方は、その家に住む人の数だけあります。それぞれの暮らし方やライフスタイルにあった家づくりを一緒につくりましょう。

着工しました!(基礎工事が始まりました)

前回のブログで書いた現場がブロック工事を終え、基礎工事が始まり、無事に着工しました。

ブロック工事の様子を前回の続きから書いていきます。

 

ブロックを設置していく位置を正確に出すためのコンクリート(いわゆる捨てコンと言います)を打って、ブロックを設置していきます。

 

目地を整え、一番上のブロックの溝にモルタルを塗って平らに仕上げて完成です。

 

続いて、基礎工事が始まりました。

 

建物の位置を出して、基礎を打っていく場所を掘っていきます。

 

掘り終えたら、砕石を敷きます。

 

その上に防湿シートを敷いて、基礎の位置を正確に出すための捨てコンを打ちます。

 

そして、鉄筋を組んでコンクリートの型枠を設置していきます。

 

捨てコンに位置出ししたところに、ぴったりと型枠が設置されていますね。

 

このあとは、建物の基礎となるコンクリートを打っていきます。
またブログで工事が進んでいく様子を書いていきたいと思います。

川越市内で新しく新築注文住宅の現場がはじまります

おかげさまで、川越市内にて新しくはじまる新築注文住宅の現場が来週から着工となります。その着工前に行われる、道路との境界に面して設置するブロック工事が本日からはじまるということで、どんなふうに工事が進んでいくのかを学ぶためにも現場を見てきました。

 

住宅の建築における「着工」とは、建物の基礎をつくる基礎工事がはじまった時点を一般的に指します。今回は基礎工事の前に行う工事のため、“着工前”の工事となります。

 

ここからブロックを設置していく位置を正確に出すためのコンクリート(いわゆる捨てコンと言います)を打って、ブロックを設置していきます。

配属になってから着工から見ることができる初めての現場がとなるので、これから家ができあがっていく様子を見るのが楽しみです。

建築・建材展へ行ってきました

昨日、お客様により良い住まいづくりのご提案をさせていただくために、東京ビッグサイトにて行われた『建築・建材展』へ行ってきました。

水廻りや木製建具、タイルなどの建材をはじめ、建築現場で使われる機器やソフトなどの展示がありました。

また、同時にJAPAN SHOPやIFFT 東京国際家具見本市なども開催されており、本当に多くの商品の展示がありました。さらに日本企業だけでなく、海外企業の出展も多かったのが印象的でした。

新商品を知ることができたり、新しくメーカー様とつながることができたり、さまざまなことをインプットできた時間になりました。

新築注文住宅の社内検査に行ってきました

先日、川越市内で建築中の新築注文住宅の社内検査へ行きました。

社内検査とは、家を建築した施工会社が竣工前に独自に行う検査です。図面通りに施工されているか、キズがないか、品質基準をクリアしているか等を確認します。川木建設では、注文住宅スタッフとゼネコン事業の設計スタッフがメインに検査しています。

 

川越市で建築中の大開口サッシと無垢材の造作建具がある新築注文住宅

今回の現場は、南に面した大開口サッシと造作の無垢材建具や収納がある、開放感と木の温もりが感じられる住宅です。

指摘がある箇所はマスキングテープで示し、図面上にも同様に書き込んでいきます。指摘のあった箇所は後日、施主検査までにそれぞれの専門業者に補修してもらい、お引渡しとなります。

無事にお引渡しを迎えられるように、たくさんの目で検査をしています。

新築注文住宅の建築現場の確認に行きました

昨日、川越市内で新築注文住宅を建築中の現場確認に行きました。大工さんの工事が終わるときに確認するものと足場を解体する前に確認するものを同時に行いました。

確認するものは、造作カウンターの色・形状・高さ、建具枠の色・形状、雨樋の種類や位置など多くあります。それらが図面の内容と合っているかどうか、ひとつずつ確認していきます。

注文住宅ですから、お家によって使用している素材や色、形状などが変わります。それらをもれなく確認して完成まで監理していく重要性と大変さを感じました。これからも現場での学びを得ていきたいと思います。

 

さて、明日は『暮らしの見学会』2日目が開催となります。当社で建てた後のお住まいを見学できるイベントです。ご予約お待ちしております。


30代ご夫婦と5歳のお子様が暮らす愛着深まる中庭のある木の家「暮らしの見学会」開催のご案内


 

無事に上棟しました

はじめまして。
2024年1月より新しく設計担当として配属となりました、冨岡です。

以前は不動産売買仲介の部署におり、新しい環境でもお客様の住まいに携わることができることをうれしく思います。これからどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、本日は川越市内にある本日上棟予定の現場へ行きました。はじめて上棟の現場を見学し、現場の作業風景から雰囲気まですべてが新鮮でした。無事に上棟し、途中お施主様から大工さんをはじめとする協力会社様へ御礼のごあいさつを頂き、素直にうれしい気持ちになりました。

これから家づくりに携わる一員として、お施主様に喜んでいただけるように努力していきたいと思いました。