家づくりへの想い

篠原健太朗 の記事一覧

担当業務House Designer

理想の家というものは人それぞれです。一人一人に合った安心で快適な暮らしを実現できるようサポートいたします。

注文住宅 現地確認に向かいました

皆様こんにちは。
春先となり天気も気温も変わりやすく不安定な日が多くなってきました。

先日もあいにくの天気ではありましたが、プラン計画中の現場の確認向かいました。

区画割りをする前の敷地になります。周辺環境や道路や土地の高低差などを目視で確認しました。
最近ではネット上でも現地の様子を確認することはできますが、実際の目線に立ってみることも大事なことです。

平屋の見学会の方もよろしくお願いいたします!
平屋完成見学会 無駄のない生活動線で豊かな暮らしが叶う ご夫婦2人で暮らす22坪の平屋 2024年4/20(土)・21(日)10:00~16:00

展示場

皆様こんにちは。

先日、弊社注文住宅でもお世話になっている建材メーカーWOODONEの展示・説明会へ行ってまいりました。
無垢フローリングや建具といった建材をはじめ、無垢の木を施したキッチン・洗面化粧台といった商材を主に扱っています。

新商品から既存商品の製作工程や特長などを教えていただきました。
画像は無垢のパイン材を面材として施したキッチンです。

ワンポイントですがキッチンに落ち着きが出ますね。


こちらのカップボードも見た目ではわかりにくいですが無垢の木を使っているそうです。
シックな雰囲気のお部屋にも合いそうです。


こちらの開き戸は表からも裏からも丁番の金具が見えないデザインとなっています。
すっきりとした空間に仕上げたい場合にはぴったりです。

こういった建材や水廻り設備をワンポイントで変えてみると生活がより豊かなものになるかもしれませんね。

注文住宅 完成見学会のお知らせ

皆様こんにちは。
今年ももう3月です。
春が近づいてきたと同時に花粉もつらい時期となってきました。

さて、今月の23日と24日に弊社物件の完成見学会を行います。
弊社では初採用の木繊維断熱材を使用したモダンデザインの住宅になります。
金属サイディングや無垢材のフローリング、広々としたリビングなど見どころもたくさんあります。

ご興味のある方は是非お越しください!

OPEN HOUSE 地域初! 木繊維断熱材とガルバリウムの家 2024年 3/23(土)10:00~16:00・24(日)10:00~12:00 詳しく見る

杉の床材

皆様こんにちは。

先日の記事で注文住宅木工事中の現場で紹介しました、I様邸につきまして見学会も近づいてまいりましたので特長の一つの床材について触れてみます。
こちらのお宅はLDKのみ杉材の無垢フローリング材を使用しています。
杉材は針葉樹なのでとても柔らかく、素肌で触れても温かいという特色を持っています。
また、油分を多く含んでいるため木の香りも強く、リラックス効果が高いのもメリットです。
傷などがつきやすいというデメリットもありますが、年月が経つにつれ風合いが増し経年変化も楽しめる床材になります。

一部分の養生をはがして見せていただきました。

こちらのお宅は3/2(土)・3/3(日)に完成見学会が行われますので是非お越しいただき体感してみてください!

OPEN HOUSE 経年美化で、家とともに成長していく県産材の床 スギ 2024 3/2土・3日 10:00▼16:00 詳しく見る

T様邸木工事

皆様こんにちは。

先日、注文住宅の木工事中の現場の状況確認に行ってきました。
ボードが張り終わり、部屋の装いが見えてきています。

こちらのお宅のキッチンは二列型のキッチンを採用しております。
省スペースで広々と作業ができるのが特長のキッチン配置です。

床もフロアタイルを採用し汚れないよう、無垢のフローリングと張分けも行っています。

こちらのお宅は近々見学会も行う予定ですのでご興味のある方はぜひお越しください!

今年の終わり

皆様こんにちは。
2023年も残すところ4日となりました。
1年の過行くスピードが年々早く感じています…

だいぶ冷え込んできておりますので年末年始外出する際は体調面をお気をつけください。

弊社は12月29日(金)~1月4日(木)まで年末年始休業となります。
ご不便お掛け致しますが宜しくお願い致します。

今年一年も大変お世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。

それでは良いお年をお過ごしください。

川木建設と創るデザイン注文住宅 「ただいま」を迎える、家族の住まいる

模型2

皆様こんにちは。
12月に入り今年の終わりをじわじわと感じる時期になりました。
前回の記事でお伝えしました模型が完成いたしました!

このお家は回遊動線と庭とのつながりがキーポイントのお家になります。

まず印象的なのが正面から見たガレージの大屋根です。
玄関のアプローチも兼ねているので雨の日も安心ですね。

LDKと庭がフラットなウッドデッキで繋がっています。
空間をつなぐ木製のサッシも特徴の一つです。

大きな吹き抜けからはなるべく多くの採光を取り入れるよう大きめの窓を配置。

こちらの模型は今後モデルプランとして見学会等でひっそりと置かれているかもしれませんのでご興味のある方は見学会等のチェックもお願いいたします!

模型

皆様こんにちは。
本日は久々に建築模型作りをしております。
建築をプレゼンする際、近年はパースと呼ばれる3DCGモデルで表現・プレゼンすることが主流ですが、こういったアナログチックに実物として表現すると趣が出ますね。

今回は2作目です。
大きな吹き抜けと回遊性のある間取りが特徴の家です。
縮尺が大きい模型なのでなかなか手こずっていますが完成まで頑張ります…!

木工事現場

皆様こんにちは。
とうとう11月に突入し、今年も残り2カ月です。
時の流れが早く感じます。

先日、担当ではないのですが木工事中の現場を見させていただきました。
広々LDKに勾配天井で2階の子供部屋とつながる小窓もついています。

まだキッチン等の設備機器は取り付いていないので部屋そのものの広々さを感じることができます。

施工中の現場に行くと図面上の検討以上に様々な工夫が施されているのでとても勉強になります。

現地調査

皆様こんにちは。

本日は現場の現地調査に行ってまいりました。
建て替えをご希望されているお客様の現場にお邪魔させていただきました。

敷地の半分近くある庭を丁寧にお世話されている方の住宅で
庭の景観を生かした家づくりをご希望されています。

画像は太陽の軌道をAR技術で読み取ることができるアプリのものです。
日当たりは家づくりの要となるため様々な検証を行います。

現地では図面、地図上の情報では得られないものが得ることができるので
実際に行くことは大切ですね。