木の家で暮らそう!光と風と、ステキな愛の家づくり

スタッフブログ 最新記事

一覧を見る

早川喜久男近影
記入者: 早川喜久男
担当業務: 住宅不動産営業部 部長
2019.02.23

2022年問題

今日は、先日読んだ記事についてお話します。

生産緑地の2022年問題という内容です。

生産緑地とは、この川越周辺にも結構ありますが、簡単に言いますと、市街化区域内の農地を市街化調整区域並みの農地評価として
所有者が維持し続けることができるための市町村が定める都市計画法の1つです。
生産緑地地区の都市計画の指定は平成4年以降になされているので、2022年から順次30年が経過していきます。
この30年間は所有者は土地を売ることも、農地以外のことに利用することもできませんでしたが、期間が過ぎると
2022年以降、農地が宅地として大量に売り出されることも予想される為、宅地の供給過剰が発生するのではないかということなのです。

これが2022年問題です。

人口は減る。空き土地は増える。日本のバランスが崩れるのがちょっと心配です。

もうすぐだよ! イベントカレンダー

  • 2019年3月

    16

    土曜日

    50代からのリフォームセミナー

    このセミナーは、50代からの暮らしをより充実したものにしたい方向けの、リフォームセミナーです。古くなった家を、リフォームで「ステキな家」にして、50代からの暮らしを楽しみましょう!

    詳細ページ

    実施日:2019年3月16日

イベントリポート

一覧を見る

イベントリポート

ステキな家たちを覗いてみよう!

商品スタイルと施工事例へ

  • 施工事例

  • ステキなプラン例

  • ご入居後のライフスタイル

KAWAMOKU INFORMATION

一覧を見る

  • 2019年2月20日 更新

    50代からのリフォームセミナー

    50代から始まる、新しい暮らし。 子育てを卒業し、ちょっと寂しいその向こう側に、ワクワクする、大人の時間が見えてくる。 新しい暮らしを、心から思いっきり楽しむために、まずは、お家のリフォームを考えませんか? この無料セミナーで、素敵なリフォームの世界を学びましょう! 詳しくは→【特設ページを見る

  • 2019年1月16日 更新

    プチ教室のある家 完成見学会

    この家の見どころは、なんと言っても「プチ教室」のお部屋です。普段は家族が過ごすリビングの延長として使え、教室を行う際は、サクッとリビングから切り離し、独立したひ...

  • 2018年12月17日 更新

    ◆平成30年度 年末年始休業のお知らせ◆

    平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。 本年度の年末年始休業につきましては、下記の期間を全社休業とさせていただきます。 【年末年始休業期間】

心ときめく商品スタイル

商品紹介へ

  • 長期優良住宅

  • 子どもがすくすく育つ家

  • リアル・スマートハウス

  • 認定低炭素住宅

暖かハートの川木建設

「川木建設を知りたい」へ

  • 家づくりへの想い

  • 川越の地に根ざして

  • 感動の家づくり

社長の想い

川木建設が、皆様にお届けしたいもの。

家は、どのお客様にとっても、大切な宝物です。
家の良し悪しは、日々の暮らしや、子どもたちの成長に大きな影響を与えます。
私たち川木建設は、出会ったお客様の『暮らし』や『子どもたちの成長』を、より良いものにしたいという想いで、
一人ひとりのお客様とお会いしています。
そのために、私たち川木建設の社員は、自分を磨きながら、日々成長しています。

お客様に最高のプランをお届けするために、設計・デザインの知識を磨く。
お客様に強く安全な家をお届けするために、現場管理の知識を磨く。
そして、その知識を実践に生かし、お客様に最高の『家』をお届けする。
決して独りよがりにならず、お客様の言葉や想いを素直に受け止め、お客様のために考える。
素直な心と、高い知識と、豊富な経験、そして高い人間性を持った、家づくりのプロフェッショナルこそが、私たち川木建設の社員なのです。
明治2年の創業以来、常に川越地域のお客様と共に歩んできた、斬新な老舗である川木建設は、お客様の立場に立った家づくりで、お客様の夢を形にします。

代表取締役社長 鈴木健二

今なら資料請求で夢を叶える家づくりガイドブックプレゼント