早川喜久男のブログ一覧

早川喜久男近影
氏名:早川喜久男
担当業務:住宅不動産営業部 部長

一言メッセージ:弊社は創業151年目を迎えた川越市内にある建設会社でございます。公共工事などの大型物件を建設する傍ら、個人のお客様に向けた注文住宅や、リフォーム工事、それに市内の不動産取引を行う不動産情報チームもございます。住まいに関するご相談はワンストップでご対応します。キッズルームも授乳室も併設しておりますので小さなお子様のいるご家族様も安心してお越しいただけます。どうぞお気軽にお問い合わせください。スタッフ一同お待ちしております。

早川喜久男のブログをご覧ください

早川喜久男近影
記入者: 早川喜久男
担当業務: 住宅不動産営業部 部長
2019.08.25

地盤改良工事って知ってますか。

皆さんこんにちは。ここ数日は暑さも少し和らいできたように感じますが、いかがお過ごしですか。

今日は、家を建てるには必須となっている地盤改良工事についてお話します。

2000年の建築基準法改正での建物の耐震基準のアップにより、地盤の強度を踏まえた建物の基礎の選択が必要になり、新築の際は必ず地盤調査が必要となりました。

家を建てるにはまず地盤調査を行い調査の結果、「十分な地耐力(地盤の支持力)がない」場合は、地盤の補強をしなければ建てることができません。

その際に、地盤の強度を高めるために行う工事を地盤改良工事と呼びます。

一口に地盤改良工事といっても、敷地の「地耐力」や「地質」、建てる建物の「大きさ」や「重量」などにより工事の方法は違いますから、費用も異なります。大体の目安ですが、戸建住宅の相場は約50~200万円くらいではないでしょうか。

資金計画を行う際には、地盤改良はあるものだと考えておけば、ローンを組むうえでも安心ですね。

地盤改良工事の有無の判断は、住宅会社によって変わることがありますから、セカンドオピニオンで確認してみても良いようです。

ですが、家を建てるという事は、一生ものですよね。目先の金額だけにこだわらずに判断もしなければならないとも感じております。

 

 

この記事のみを表示する(印刷用)
早川喜久男近影
氏名:早川喜久男
担当業務:住宅不動産営業部 部長

一言メッセージ:弊社は創業151年目を迎えた川越市内にある建設会社でございます。公共工事などの大型物件を建設する傍ら、個人のお客様に向けた注文住宅や、リフォーム工事、それに市内の不動産取引を行う不動産情報チームもございます。住まいに関するご相談はワンストップでご対応します。キッズルームも授乳室も併設しておりますので小さなお子様のいるご家族様も安心してお越しいただけます。どうぞお気軽にお問い合わせください。スタッフ一同お待ちしております。>

早川喜久男近影
記入者: 早川喜久男
担当業務: 住宅不動産営業部 部長
2019.08.03

モチベーション

みなさんこんにちは。

先月末からものすごい暑さになりましたね。

熱中症は室内にいてもなってしまう方もいるそうなので、

こまめな水分補給をお忘れなく!

 

つい先日、とある研修に参加してきました。

その1つにモチベーションについて学ぶ時間がありました。

 

自分が思うように結果を出すことができなかったときや失敗をした時などは

モチベーションは下がります。

そこで発せられる言葉で共通することは、「主語」が他人や環境になっていることだそうです。

 

確かに。

 

例とすれば、「こんなうるさい環境では勉強なんてできっこない」

「これだけ市場が悪ければ、売上なんて上がりっこない」などなどです。

 

しかし、モチベーション高く、何事にも主体的に取り組んでいる人であれば、主語は常に私であり、

悪い環境下であるときこそ自分を中心に考え、良い方向に導いていくのです。

何となくは理解していたつもりでしたが、ハッとさせられた感じもしました。

改めて意識していきたいと感じた研修でした。

この記事のみを表示する(印刷用)
早川喜久男近影
氏名:早川喜久男
担当業務:住宅不動産営業部 部長

一言メッセージ:弊社は創業151年目を迎えた川越市内にある建設会社でございます。公共工事などの大型物件を建設する傍ら、個人のお客様に向けた注文住宅や、リフォーム工事、それに市内の不動産取引を行う不動産情報チームもございます。住まいに関するご相談はワンストップでご対応します。キッズルームも授乳室も併設しておりますので小さなお子様のいるご家族様も安心してお越しいただけます。どうぞお気軽にお問い合わせください。スタッフ一同お待ちしております。>

早川喜久男近影
記入者: 早川喜久男
担当業務: 住宅不動産営業部 部長
2019.07.20

夏の暑さ対策はシェードを利用して!

皆さんこんにちは。

まだまだ梅雨空は続いていますが、体調管理は大丈夫ですか。

今日は、夏の室内の温度上昇を防いで、エアコン代をお得にする一工夫をお伝えします。

それは、直接入ってくる熱を外で元からカットすることです。

室内のカーテンだけでは太陽の熱は45%しかカットできないのに対して、外付けの日よけ

(シェード)をつけると83%をカットしてくれ、室内温度は最大3.5℃も下がるそうです。

最近、ホームセンターでも販売していますよね。ぜひお試しあれ!

この記事のみを表示する(印刷用)
早川喜久男近影
氏名:早川喜久男
担当業務:住宅不動産営業部 部長

一言メッセージ:弊社は創業151年目を迎えた川越市内にある建設会社でございます。公共工事などの大型物件を建設する傍ら、個人のお客様に向けた注文住宅や、リフォーム工事、それに市内の不動産取引を行う不動産情報チームもございます。住まいに関するご相談はワンストップでご対応します。キッズルームも授乳室も併設しておりますので小さなお子様のいるご家族様も安心してお越しいただけます。どうぞお気軽にお問い合わせください。スタッフ一同お待ちしております。>

今なら資料請求で夢を叶える家づくりガイドブックプレゼント