早川喜久男近影
記入者: 早川喜久男
担当業務: 住宅不動産営業部 部長
2019.04.29

火災保険の補償範囲を知ってますか

今日は火災保険についてお話します。

 

火災保険の保険の対象には「建物」と「家財」があります。

もし「建物」しか保険に入っていなかった場合、

家の中の家具や家電製品などの「家財」については保険では補償されません。

ですが、保険の対象に「家財」を含めていれば、

火災の場合はもちろん、プラン次第ではゲリラ豪雨や排水管の破損による水濡れ、

空き巣の被害なども補償されます。

 

しかし、火災保険で家財も補償する形をとったとしても、実は地震による火災は補償されないんです。

ですから一番いいのは地震保険を火災保険にセットしてご加入いただくことだと思います。

地震保険は津波、噴火を原因とする損害を補償してくれます。

 

万が一の為に保険はあります。

保険料を支払う時は何事もおきてないときですから、高い支払いだなと思いますが

災害が起きてからもらえるのは保険金です。

ぜひこのゴールデンウィーク中に補償内容を今一度確認してみることをお勧めします。

この記事のみを表示する(印刷用)
早川喜久男近影
氏名:早川喜久男
担当業務:住宅不動産営業部 部長

一言メッセージ:AIという言葉が盛んに言われるこの時代。ドッグイヤー(犬の1年間は人間の7年分に匹敵する)のごとく変化の激しい時代です。その変化の波に乗り遅れないように、私自身自己研鑽を忘れず皆様に最新情報をご提供したいです。これからもよろしくお願いします。

今なら資料請求で夢を叶える家づくりガイドブックプレゼント