早川喜久男近影
記入者: 早川喜久男
担当業務: 住宅不動産営業部 部長
2019.03.23

今年も発表されました【公示地価】

今日は公示地価についてお話します。今年も3月20日に公示地価の発表がありました。

公示地価とは国交省の土地鑑定委員会という機関が全国の2万6000地点で、標準地1地点ごとに2人の不動産鑑定士が、

条件が近い土地の取引事例を参考にしたり、土地から将来的に得られる収益を推計したりして、毎年1月1日時点で通常

成立すると考えられる価格を評価しています。土地鑑定委員会はそれが正しいかどうかを判定し、公示地価として公表

しているのです。簡単に言えば、売買取引の1つの目安という事ですかね。

 

公示地価、基準地価、路線価の違い

公示地価(基準日1月1日、公表日3月、特徴は土地取引の目安、価格の目安、実施主体は国交省)

基準地価(基準日7月1日、公表日9月、特徴は公示地価を補完、実施主体は都道府県)

路線価 (基準日1月1日、公表日7月1日、特徴は相続税や贈与税の算定基準、公示地価の8割が目安、実施主体は国税庁)

 

色々ありますが、ぜひご参考に!

この記事のみを表示する(印刷用)
早川喜久男近影
氏名:早川喜久男
担当業務:住宅不動産営業部 部長

一言メッセージ:弊社は創業151年目を迎えた川越市内にある建設会社でございます。公共工事などの大型物件を建設する傍ら、個人のお客様に向けた注文住宅や、リフォーム工事、それに市内の不動産取引を行う不動産情報チームもございます。住まいに関するご相談はワンストップでご対応します。キッズルームも授乳室も併設しておりますので小さなお子様のいるご家族様も安心してお越しいただけます。どうぞお気軽にお問い合わせください。スタッフ一同お待ちしております。

今なら資料請求で夢を叶える家づくりガイドブックプレゼント