早川喜久男近影
記入者: 早川喜久男
担当業務: 住宅不動産営業部 部長
2019.03.23

今年も発表されました【公示地価】

今日は公示地価についてお話します。今年も3月20日に公示地価の発表がありました。

公示地価とは国交省の土地鑑定委員会という機関が全国の2万6000地点で、標準地1地点ごとに2人の不動産鑑定士が、

条件が近い土地の取引事例を参考にしたり、土地から将来的に得られる収益を推計したりして、毎年1月1日時点で通常

成立すると考えられる価格を評価しています。土地鑑定委員会はそれが正しいかどうかを判定し、公示地価として公表

しているのです。簡単に言えば、売買取引の1つの目安という事ですかね。

 

公示地価、基準地価、路線価の違い

公示地価(基準日1月1日、公表日3月、特徴は土地取引の目安、価格の目安、実施主体は国交省)

基準地価(基準日7月1日、公表日9月、特徴は公示地価を補完、実施主体は都道府県)

路線価 (基準日1月1日、公表日7月1日、特徴は相続税や贈与税の算定基準、公示地価の8割が目安、実施主体は国税庁)

 

色々ありますが、ぜひご参考に!

この記事のみを表示する(印刷用)
早川喜久男近影
氏名:早川喜久男
担当業務:住宅不動産営業部 部長

一言メッセージ:AIという言葉が盛んに言われるこの時代。ドッグイヤー(犬の1年間は人間の7年分に匹敵する)のごとく変化の激しい時代です。その変化の波に乗り遅れないように、私自身自己研鑽を忘れず皆様に最新情報をご提供したいです。これからもよろしくお願いします。

今なら資料請求で夢を叶える家づくりガイドブックプレゼント