早川喜久男近影
記入者: 早川喜久男
担当業務: 住宅不動産営業部 部長
2019.02.02

消費税増税に伴う給付金等の拡充!

今回消費税が増税されそうですが、家づくりにおいて国はいろいろな対策を講じようとしています。

①住宅ローン減税の拡充

②住まい給付金の拡充

③住宅取得資金に係る贈与税の非課税枠の拡充

です。

住宅ローン減税の拡充では、10年間だった控除期間を13年間に3年間延長。建物購入価格の消費税2%分の範囲で減税する。

住まい給付金の拡充では、対象となる所得階層を拡充するとともに、これまで最大30万円だった給付額を最大50万円に引き上げる。

住宅取得資金に係る贈与税の非課税枠の拡充では、非課税枠を現行の1200万円から、最大3000万円に拡充する。適用期限は、2021年12月31日までである。

 

上記のように経済が停滞しないように政府はいろいろな対策を講じています。詳しい説明はお店にぜひご来店してお確かめください。

最近スーパーに買い物に行くと、商品1つ1つの値上がりを感じます。

これでさらに消費税が増税されたら・・・

イートインなら、持ち帰ったらと、いろいろ増税に対しては対策がありますが、このご時世、値上がりは避けて通れないものなのでしょうか?

この記事のみを表示する(印刷用)
早川喜久男近影
氏名:早川喜久男
担当業務:住宅不動産営業部 部長

一言メッセージ:AIという言葉が盛んに言われるこの時代。ドッグイヤー(犬の1年間は人間の7年分に匹敵する)のごとく変化の激しい時代です。その変化の波に乗り遅れないように、私自身自己研鑽を忘れず皆様に最新情報をご提供したいです。これからもよろしくお願いします。

今なら資料請求で夢を叶える家づくりガイドブックプレゼント