早川喜久男近影
記入者: 早川喜久男
担当業務: 住宅不動産営業部 部長
2018.12.22

住宅ローン減税 3年延長

先週の新聞に、消費税が10%になる事に伴い、住宅ローン減税を受けられる期間が現行の10年間から13年間に延長されるという記事が出ていました。

11年目から13年目の3年間は最大で建物価格の2%に相当する額を所得税などから差し引けるようになると言います。

10年目までは現在の仕組みと同様に毎年末のローン残高の1%を所得税や住民税から控除できます。一般住宅では年40万円、耐震性や省エネルギー性などの

一定の条件を満たした「長期優良住宅」は年50万円が上限です。

11年目から13年目は毎年、建物価格の2%を3等分した額とローン残高の1%の学を比べ、金額の少ないほうを控除できます。

以上のように、消費税が増税されたとしても国は何らかの形で、消費が落ち込まないように考えています。

 

最近、今より増税後ですかね?と聞かれることがありますが、私は今購入することで今の生活の質が向上するなら、また家族が喜ぶなら早いほうがいいのではないですか、と

アドバイスさせていただいております。

 

この記事のみを表示する(印刷用)
早川喜久男近影
氏名:早川喜久男
担当業務:住宅不動産営業部 部長

一言メッセージ:AIという言葉が盛んに言われるこの時代。ドッグイヤー(犬の1年間は人間の7年分に匹敵する)のごとく変化の激しい時代です。その変化の波に乗り遅れないように、私自身自己研鑽を忘れず皆様に最新情報をご提供したいです。これからもよろしくお願いします。

今なら資料請求で夢を叶える家づくりガイドブックプレゼント